元彼女に中出しセックス体験談エピソード

このあいだ、大学の時のバイト仲間で集まって飲み会があったのよ。で、当時4年ほどつきあってた彼女(Sさん)も来てた。大学卒業と時を同じくして別れたので会うのはかれこれ7年振り。

しっかし、顔も体型も全然変わってなかった。Sさんの容姿は小柄な森高って感じ。でもバスケをずっとやってるんで、かなり締まった体つきだ。(オレは29、Sさんはオレのいっこ上ね)

飲んでるときに、いろいろ話した。どうやら、一回結婚してたらしいが、去年別れたらしい。結婚当初から、別居が続いて、セックスも数えるほどしかしてなかったらしい。


時間がたつにつれ、だんだん人数が減っていき、3次会も終わる頃には男3、女1(Sさん)の4人だけになっていた。Sさんはそんなに酒は強くないほうなのに、ギムレットとかマティーニをバンバン飲んでる。

オレ「ねえ、なんかあったの?」
Sサン「ん?べつにー。今日はぜんぜん酔う気がしない!朝までやろうねー」と言いつつも、かなり目がトロ〜ンとしている。

ほっぺもかなりの桜色。(ちなみに彼女は超色白)(これは間違いなく酔っている。4年もつきあってたオレが思うのだから間違いない。)

トイメンに座っていたヤロウ2人が容赦なく彼女に飲ませていたのも功を奏していた。すると突然、彼女がテーブルの下でオレの内ももをさわさわしてきた。

あまりに突然のことだったのでカナリビクーリ。しかしオレも男。トイメンの男2人に気づかれないようにテーブルの下で彼女の内股をさわさわ仕返した。

そうこうしてるうちに、彼女はトイレへ。残った男3人で、「そろそろお開きにすっかー」ということになって、とりあえず彼女が帰ってくるのを待って店を出ることにした。

しばらくして彼女が帰ってきた。ほぼ同時にオレの携帯にメール着信。
「今晩、うち来ない?」

いったん解散した後、ダチ2人にばれないようにタクで彼女の家へ向かった。程なくして彼女の家に到着。彼女の家は実家だが、両親は2階で寝ている。

彼女が玄関から出てきた。彼女「なに遠慮してんのよー」
オレ「いやー、懐かしいなーと思って」
彼女「とりあえず、あがりなよ」で、誘われるがままに彼女の部屋へ。

彼女の部屋のドアが締まると同時に、彼女がオレに抱きついてきた。そして、濃厚キス。立ったまま3分くらいずーっとキスをしていた。

が、そこはオレの偉いところで、キスをしつつもじわじわベッドの方向へ移動していた。彼女をベッドに押し倒し、服の上から胸を触る。

小振りで、張りのあるオッパイは昔と変わらなかった。ブラウスを脱がせ、ブラのホックをはずす。胸があらわになった。小さくかわいい乳首が目にはいる。

乳首をチュッっすると、体がピクッと反応する。
Sさん「んあっ。。あ、ん、、」だんだん声が漏れてきはじめた。

そして、スカートを脱がせ、ストッキングをズリ下げ、パンツの中へ手を入れる。グショグショに濡れていた。

Sサン「ああ、、、あ、、」
オレ「めっちゃすごいよ?グチョグチョなってるよ?もしかして、かなり久しぶり?」
Sサン「もぅ、、そんなこと聞くもんじゃないの」
Sサン「ねえ、、、、一緒にお風呂はいろっか?」

彼女ん家、フロだけは広くて、浴槽もラブホ並みに広い。ヨユウで二人入れる広さだ。向かい合って浴槽に入った。彼女がオレのチンコを両手でさわってきた。

Sサン「なんか、ヌルヌルになってるよー」
オレも彼女にやり返す。
彼女も当然のことながらヌルヌルになっていた。フロの中で手マン。。。

Sサン「ん、あ、、気持ちいい、、ダメ、イキそう、、」
Sサン「ダメダメダメ!ホントにイキそうだからストップ!」
Sサン「そのかわり、、」オレを浴槽の縁に座らせて、濃厚フェラ。。

フロの中なんで、イヤラシイ音がめっちゃ響く。(チュッ、クチュッ、、、クチュッ)

オレ「ヤベ!逝きそう!ダメダメ!ストップ!!」
彼女、オレのをほおばりながら、「出していいよ、、、」
そのまま、彼女の口の中へ、、、

Sサン「んっ、あむ、、、んぐ」
なんか、ぜんぶ飲んでくれたみたいだった。
若干、オレの脳裏を不安がよぎる。(どうしよー、本番勃つかなー)

風呂から出て、そのままの姿で、ベッドにチョッコウ。
先ほどの心配をよそに、オレのチンコはスタンバイOK。
オレ「ねえ、ゴムとかないの?」
Sサン「あ、ダイジョウブ、あたし、器具入れてるから。でも外に出してね」
(゜∇゜|||)器具?

ちょっと、いやかなり気になったが、とりあえず彼女の中へ。。。
酔っていたのと、さっき一回出したので、どんなに激しく動いてもぜんぜん平気だった。(スゲー、オレもやればできるんじゃん!)とか、くだらない事を考えながら、彼女を突きまくる。

Sサン「ああっ、 ああっ! ダメ、気持ちいい」
オレ「くっ、、逝きそう、逝ってもいい?」
Sサン「んっ、あっ!うん、ワタシもイキそう、いいよ」
Sサン「ああー!いきそう!イク!○○(オレの名前)!好き!」
((゜∇゜|||)好き?、ちょっと待てオレは妻帯者、、、ぐあ!)彼女がとんでもないことを口にしたので、びっくりしながら逝ってしまった。しかも、中出し。。。

Sサン「気持ちよかった?」
オレ「うん、よかった。ちょっと昔のこと思い出した。」などと適当に会話を交わし、オレ「じゃー、そろそろ帰るわ」と、彼女の家を後にした。

朝5時。タクシーなんか走ってない。冷えた静けさが心地よい、冬の明け方。「しゃーない、歩いて帰るか」1時間かけて歩いて帰りました。

その他の関連リンク
生理中の女友達に生中出しセックス体験談エピソード
親友の父親と中出しエッチ体験談のお話
バイト先の綺麗なお姉さんに中出しセックス体験談を見る
妻と外でセックスしたドキドキH体験談のお話
女友達の妹とのロリコンエッチ体験談のお話
姉の旦那と中出しセックス体験談のお話
巨乳で誘惑するお姉さんのエッチな体験談エピソード
会社の先輩人妻に中出しセックス体験談を読む
上司と会社のロッカールームでセックスしたエッチ体験談を見る
塾の先生と生徒の中出しエッチ体験談エピソード

[ Content Link ]

巨乳でハーフの女友達とハプニングバーでのエッチ体験談を見る
王様ゲームで女子大生たちの前でちんぽを晒した体験談/小説を見る
兄と妹とのいちゃいちゃセックス体験談/小説を閲覧する
女子高生の保健室で中出しセックス体験談/小説エピソード
大学の後輩の女の子とのH体験談を閲覧する
更衣室で彼氏とセックスした26歳OLエッチ体験談を閲覧する
若い男女のセックスの盗み聞き&覗き見体験談エピソード
年頃の息子と近親相姦セックス体験談/小説エピソード
ヤり目で会った巨乳M女にカーセックス中出しエッチ体験談を見る
姉の旦那と中出しセックス体験談を読む
妹のセックスを覗き見たエッチ体験談/小説のお話
彼女と中年男性を交えての3Pセックス体験談/小説を読む
母と息子の近親相姦体験談のお話
妻に後輩を誘惑させて目の前でセックスさせたエッチ体験談を読む
泥酔美人お姉さんを犯すレイプ体験談を見る
巨乳のナースと患者の男の子のセックス体験談/小説を閲覧する
会社の後輩夫婦とスワッピングエッチ体験談エピソード
複数男性に処女を奪われた女子大生のレイプ体験談のお話
高校生のときに40歳くらいのおじさんとカラオケでしたエッチ体験談を読む
生理中に激しいセックスする淫乱女のエロ体験談/小説を読む

SEARCH


TAG

/マンコ/初めて/深夜バス/童貞クン/外人夫/父姉弟妹/キモオヤジ/縛られて/触った/パチンコ屋/官能的/普通/女性/視姦/レイプ体験談/黒人/女教師/淫乱/中出し/結婚式/包茎/更衣室/S/尿道/筆卸/強制/車内/初エッチ/プール/公団/巨大/部室/淫乱妻/3P/お姉さん/バツイチ/SMクラブ/チンチン/上司/バツ一/燃えた/マネージャー/乳首/初セックス/相思相愛/女子中学生/車中/ミニスカ/親子/部長/ノーブラ/黒人男性/学校/5P/犯される/病院/電話/会社内/ホテル/社員/脅されて/プリクラ/女装僻/体験談はじめまして、42歳ゆかり 主婦です。

SMという世界にはまったく興味もなかった私がマゾ奴隷になった訳を告白しようと思います。

あれは、3ヶ月前友人に誘われてパートを始めたのがきっかけです。
そこで今のご主人様と知り合いました。

ご主人様は30歳でそこの課長さんです。
従業員は少ない会社ですが割りと景気がいいと伺いました。


最初は無口な人であまりお話をする機会はなかったのですが、歓迎会で私が少し酔ってしまい家が近いご主人様が送ってくれることになったのです。

車の中で他愛もない世間話をしながらご主人様のことが多分その時から気になっていたんだと思います。

主人とは子供が大きくなってからもう10年近くセックスはしていませんでしたし、夫婦中も離婚は考えていませんでしたけど冷え切っていました。

その日からご主人様を意識するようになり仕事の間にもお話するようになってメールのアドレスを交換する日もそんなに掛かりませんでした。

ご主人様も家庭があり悪いと思いながらも私の思いを聞いて欲しくて主人の愚痴、子供のことなど色々と相談しました。

そして、私は思い切って誘ってみることにしました。と言っても食事をしながらの相談でしたから肉体関係になるとは思ってもみませんでした。

今思うと、なんてはしたない女なんだろうって恥ずかしく思います。
多分その時のご主人様はしょうがなくお付き合いしてくれたと言ってました。

その日は主人は朝からゴルフに行って、帰るのは夕方と言ってたので、主人が出て行ったのを確認するとシャワーを浴び新しい下着と日頃は着ないとっておきの服を着ました。まるで初めてデートに行くような気分でした。

でも本当にエッチなことは考えていませんでした。ただ私の失いかけていた女を見て欲しかったんだと思います。

自分でも驚くくらいご主人様に積極的にアピールしていたと思います。
わざと手を触れたり、胸元を見せたりとか・・・

ご主人様も気付いていたと思いますが紳士的に振舞ってくれました。
どちらが年上かわからないくらい舞い上がっていました。

そして帰り際に言ってしまったのです・・・抱いて下さいと・・・・
本当にとても勇気のいる言葉でしたが言ってしまいました。

時間はまだ15時くらいでした。ご主人様はとてもこまった顔をして「本気ですか?」と聞き返してきました。私は真剣に、「はい」と答えました。

5分くらいでしょうか、ご主人様は黙ったまま考えて「一度だけですよ・・・」と言ってホテルに車を走らせました。

ホテルに入り先にシャワーを浴びました。下着に浴衣を来てご主人様を待ちました。ベッドの上でまるで初めてセックスをするかのようにドキドキしながらです。

ご主人様はトランクス一枚でそのままベッドの上に私を押し倒して言いました。
「今から何があっても受け入れて下さい」と・・・・

よく意味がわかりませんでしたが私がうなずくと、ご主人様はいきなり私にタオルで目隠しをしてきました。そして浴衣を腕の所まで脱がしその上から帯で後ろ手に縛りました。

びっくりして声をだそうとしたらショーツを脱がされ口に押し込まれました。
そして残った帯で足をM字に縛られ身動きが取れない状態でした。

それからはうろ覚えでよく憶えてないのですが、乳首やアソコを責められイク寸前で責めを止められてはっきり憶えている言葉は「ゆかりのおま○こにチンポ入れて下さい」と大きな声で言わされたのは憶えています。

そこからも記憶が曖昧ですがシーツがグッショりしてたのと今まで感じたセックスよりも気持ち良かったのは憶えています。

行為が終わった後ご主人様はやさしく抱きしめてくれて
「僕はこうしないと感じないからごめんね・・・」と言いました。

私は余韻のせいか頭がはっきり答えられないままで、気がついたら家に帰ってました。
/ロケット乳/覗き見/舐めた/コンパニオン/兄妹/女子校生/二穴/中だし/テレクラ/援交/脅迫/OL/医師/叔父/芸能人/お見合い/責め好き/ベッド/女子大学生/大学/ソーセージ/カーセックス/媚薬/万引き/社内/虐める/姉妹//がっかり/ハプニングバー//彼氏/電マ/社会人/ちんぽ/

MENU